健康の原理原則それは食生活 ・・・ そして水は選べる!
  水の改善と健康生活

 水は生活に密着しすぎて、あまり知られていないのが実態です。
生命反応から水をとらえると、化学反応や電気化学反応など、水はさまざまな反応を促進させている物質といえます。
 わたしたちの疾病の誘因場所は消化管にあると考えます。その起因には、水が大きくかかわっています。まず、消化吸収のための水の働きと反応は次のとおりであり、水の役割や吸収のための約束事は無視して通れないのです。

●消化吸収のための約束
 @非電解質の役割か大きいこと
 A分子や原子の半径が小さいこと
 B非プロトン性てあること
●消化管の水の働き
 @溶解性が高いこと
 A分散媒かあること
 B熱エネルギーの伝達媒体であること


 また、消化管内では適当な水分を得た微生物と食品には次のような反応生成物が産生されます。このことから消化管内の生成物をいかに低下させるかが重要となってきます。

微生物反応による毒素の形成
 微生物による活性酸素(O2)の生成
 消化菅防御機構の好中球による過酸化水素(H2O2)の生成

食品等による化学反応の生成物質
 添加物、薬による活性酸素の生成
 魚によるヒスタミンの生成
 硝酸野菜と肉のアミンの消化による二卜ロソアミンンの生成
 その他 硫化水素、アンモニア、スカトール

水から学ぶ自分医学/まんが還元水 このような過程をへて、水の分配係数が小さいと胃腸内異常発酵をおこし、便秘や下痢の原因となります。
そのままにしておくとガンなどの疾病になるといわれています。
いかに消化管の水をきれいにし、健康への鍵を見つけだすかが課題となります。
水から学ぶ自分医学/まんが還元水 水の改善は健康回復への秘訣です。
 飲料水として利用される水の大きな特徴は、ものを溶かしこむ溶解性です。相手から毒素を引き抜くのも、この溶解性のおかげです。また、毒素を引き抜く働きは湯冷まし水にみられる低溶存酸素の働きも無視できません。
一度、口からとりこまれた水は、あらゆる物質の反応に会い、とくに悪い面にあたると消化管の毒素を薄めることなく増加し溶解させ、消化吸収されていきます。
このようなことから、水自体が酸化的であったり、溶解性がなかったり、酸素を引き抜く力がなかったりすると健康への不安は改善されないといえます。
したがって、水の改善は健康回復への秘訣といえます。


提案される健康水とは

提案される健康水は、おいしい水であることはもちろん、飲用後に排尿排便が潤沢におこなわれる水でなくてはならないのです。そのためには、下の表の条件を満たす必要があります。

この条件を備えた水とは、電気化学的に生成される
『還元水』であり、真の健康水といえます。

■求められる健康水の条件
項  目 備         考
溶解性 物を溶かしこむ高溶解性の水
溶存酸素濃度 酸素結合した物質から酸素を引き抜く低溶存酸素濃度の水
酸性度 基本的には胃液が強酸性であるためにアルカリ度は意味が
ない
密度 密度が高く吸収されやすい水
表面張力 表面張力が低く吸収されやすい水
非共役の有無 化学物質とは反応しにくい、電子反応する物質の保有
酸化体の有無 酸化体は生体にとって敵である。還元体の水

水道水の電気分解の図


〔 戻る 〕|〔 目次 〕|〔 次へ 〕


                     水と健康/電解還元水専門の優商