健康の原理原則それは食生活 ・・・ そして、水は選べる!

人の一生は解毒との闘い

  

生体防御の説明まんが

 今のような食環境では病気への不安感をもつのは当然です。現在、病気とたたかっている方に勇気をもっていただくためにも、病気の概要と健康回復への考え方をご提案したいと思います。

  病気は活性酸素の蓄積でなされ、その解毒とは水に戻すことです。生き物は、すべて解毒とのたたかいです。

そこでは細胞膜を介して電子のやり取り(酸化還元反応)が行われ、平衡バランスがなされています。 病気に勝つには、その平衡バランスを取り戻し、傷つけられた細胞膜を修復することです。修復するためには傷をつける物質(活性酸素)を解毒することが肝心です。

そして解毒作用では常に物質が水に解毒されなければなりません。 具体的には、電解水のエネルギーを利用し生体の平衡バランスを取り戻します。 電解水は一般の水と区別するために私たちは、第三の水といっております。

免疫が身体を守る

電解水は第三の水です。 第三の水は化学的表現では説明できない二面性を持ち合わせています。

第一点は、化学的酸性度のpHで表現される部分です。

第二点は、化学的な酸性度のpHで表現できない部分です。さらに酸性度に含まれる酸・塩基成分にも二面性がみられます。

第三点には化学物質の酸・塩基を含み酸性にはHCL‥分子数18、アルカリ性にはNaOH‥分子数20が含まれ酸性度のpHを表現しています。

第四点は化学物質の酸・塩基を含まない酸性成分にはH:分子数1、アルカリ性にはOH-:分子数9が酸性度を表現しています。

解毒は身体にとってたいへん

 飲用される第三の水の重要な部分は、第二点第四点にあり、これを還元水といっています。

第三の水を飲用する利点は、生体における疾病の三大要素の改善です。

それは生体における解毒のたたかいとして表現されます。

解毒に追われていると免疫が下がる

生体における解毒の三大要素

第1の解毒のたたかいは、胃腸内の作用に学びます。

第2の解毒のたたかいは、生体異物(薬や灰汁など)や   微生物によるたたかいです。

第3の解毒のたたかいは免疫機構による過剰防衛です。

   第三の水で疾病の改善を検討してみてください。
〔 戻る 〕|〔 目次 〕|〔 次へ 〕

   

日高健康管理士office水の豆知識水の正しい飲み方還元水って何?ケアウォーターV2花粉サプリメントお問合せフォーム水と健康ブログ

Copyright(C) 1999-  わかりやすい!?水と健康 All Rights Reserved.

水と健康/電解還元水専門の優商