水処理器のことをあまり複雑に考えないでください。
考えすぎるとつまらないものに引っかかります。ただの浄水装置に何十万や100万近くお金をかけた人を実際みてきました。
みなさん健康不安を抱えていたようです。

ここで市場にある水処理器のことを少し学習してみましょう。

以下のことを頭に入れて水情報を見ると何を言っているかわかるかも知れません。
●現在私たちが飲む水は以下の種類に分かれます。この「どれかの水」を飲んでいるのです。
 (いろんな名前をつけた水がありますが複雑に考える必要はありません。単純です。)
水の種類8つ
そのほかこれらの組み合わせの機器など
例:逆浸透膜器と電解水生成器を組み合わせた製品
   軟水器と電解水生成器を組み合わせた製品など

※軟水器とは硬水を軟水に変える器機です。
  上記のうち電解水生成器のみ管理医療機器です。

 ネーミングに惑わされないで!

 市場の水処理機はほとんどが浄水器(塩素除去・不純物除去がおもな機能)です。
身体に良いということを喧伝する場合は何が溶け込んでいるかを言う「溶質論」です。いろんなネーミングがなされていますが実態はほとんどがただの浄水器です。浄水器の最大のメリットは、塩素除去。

注意喚起!!
※配管元づけタイプ(水道水メーターの近くに設置する機器)の水処理機は一般細菌汚染に対して注意が必要です。

 その理由の根拠はこちら>>

※このサイトでは宗教がかった水や肯定も否定もできないような水の情報はお届けしておりません。
浄水器は中の濾材(濾過する材料)の組み合わせによりいろんなネーミングでなづけられて販売されますが浄水器であることに変わりはありません。現在、いわゆる活性水素説、クラスター説は否定されています。


インターネット上での間違った情報一覧 (宣伝内容を鵜呑みにしないこと)
「活性水素説」は認められていない。
・水素をバブリング(混合)した水が活性酸素を消去したデータはみたことがありません。
※あるというならどのような条件で、またどの計測器で測定したのか証拠が必要だと思います。その情報を公開しているのをみたことはありません。
また、試験管レベルでの活性酸素消去も意味はありますが問題は体内で消去しているデータがないと結局説得力がないと思います。

アルカリイオン水は胃酸を薄めるのうそ
飲用側の電解水は電気化学的水、化学物質の胃酸とは反応しないと学習しました。。

ネーミングで水の違いを宣伝してもほとんどが普通の浄水器。何が溶け込んでいるか で違いを強調しているのがほとんどです。

水を簡単な電気分解することでできることを複雑な工程で加工して結果として同じ効果、効能を宣伝している水もあります。
(効果・効能は医療機器でなければ薬事法上いうことはできません。)

ネット上を含め疑問を洗い出し勝手に答える水業界裏話はこちら>>

飲み水の大切なポイント
●水は「溶媒論」「溶質論」2論に分かれます。
 溶媒論・・・水自体のパラメータ(媒介変数)で説明しようとしている。
 溶質論・・・水の中に溶け込んでいる物質で説明しようとしている。
 まとめ ・・・ 8種類の「水・水処理」と2つの「論」です。

上記、水・水処理機で存在価値があるのは?以下のように考えています。
水の種類は単純 存在価値 問題点
1、自然水 「うまい」昔は良かった。
新鮮な自然水を十二分に使用できればそれに越したことはないと思います。
 酸性雨など、環境汚染が進んでいる影響が少なからずあります。定期的な水質検査が必要です。名水100選の水も汚染がすすんでいるようです。残念ですが。
2、水道水 水道法で管理されているからある意味安心。  塩素は飲むとき除去が必要。少なからずまだある鉛管のことは知っておくことは必要。
3、浄水器の水 塩素の除去ができる。  点検保守をしないと一般細菌による浄水器内の汚染が懸念される。こまめに自己責任で点検してください。濾材に何かの細工をする業者がいることを聞いたことがあるので、信用できる業者と浄水器を選択されることを購入の場合はおすすめいたします。
※浄水器をはずして体調が良くなった方も少なからずいらっしゃるようなので豆にカートリッジ交換をしてください。(浄水器の場合寿命が短いカートリッジが多いので)
4、軟水器の水 硬水を軟水にかえて味を良くすることが可能  ミネラル分を一部除去するのでカートリッジの寿命が原水に左右される。他の水処理機の前処理として使用される場合が多いです。身体には悪くはないのですが生成器にとっては負担になることが多いです。

硬水とは?こちら >>

5、逆浸透膜器の水 もともとは電子基板洗浄用として生まれてきた水です。加工水として何かに利用する時安全な水としての価値もともとの使用方法である環境汚染の少ない水として電子基板を洗浄するとか、糖分とか他の成分を混ぜる清涼飲用水などを製造するとかに利用価値があると思います。  生で長期的に飲用するには不向き。水に含まれるミネラル分はわずかでも必要、それまで除去してしまい生体に負担をかける水になっています。(細胞の便秘が起こる可能性がある。ある栄養学の専門家のお話)
価格は高め。昔は故障が多かったようです。よく聞きました。
6、磁気処理生成器の水 配管設備の赤錆防止や寿命を伸ばすために有効とのお話はよく聞きます。今のところ科学的な理由ははっきりしないようですが実際に結果として事実であれば大きなプラントとかコスト面で採算があう場面での使用は良いのではと思います。  塩素は除去できないし、人間の健康との関わりはよくわかりません。価格もまちまち塩素が除去できる装置は別に必要
7、電子水生成器の水 理論的な説明がよくわかりません。
 電解還元水生成器と説明内容はほとんど同じです。しかし人間での臨床データを見たことがない。器機が大きく場所をとる。価格も高いので説明内容が同じなら安くて場所をとらず常に新鮮な水をすぐ生成できる電解還元水生成器で家庭は十分です。還元水生成器は「医療機器」ですが電子水生成器は違います。
8、電解水生成器 すでに70年の歴史がある日本発の「医療機器」です。法規制があり認可された工場でないと製造ができません。第25回日本医学会総会で多くの研究報告があり水ではじめて二重盲検試験がなされました。生で飲み続けても身体への負担が少ない水として認知されてきました。  電極板に寿命があるため生成器にも寿命があります。
「医療機器」として効果・効能を言える部分があり、そのことが販売商法によっては薬事法違反トークの問題になる場合があります。
※昔は科学的な理由や材質が良くなかったこともあり価格ほどの内容はなかった時期もあったようですが70年の歴史はその進化に必要だったようです。

科学的な存在価値の研究はこちら >>


■今求められている水は?
今求められているのは遺伝子を撃たない水、食材の栄養価を少しでも損なわない水、できれば食材の力を引き出すことのできる水、同時に「野菜の抗酸化力を補助する水」が求められています。
最後においしい水の順番です。

健康と電解機能水との関係
@現在抗酸化力のある野菜の栄養価が下がっています。(土壌の疲弊、季節はずれの生産によって)
  抗酸化力のある食材が活性酸素と戦ってくれ、遺伝子が傷つかないように防御してくれて
  いましたが、野菜に力が減ったのであれば少しでもその力を引き出す物が必要。
  (証拠;女子栄養大学出版部の食品成分表をみると今の野菜は昔より栄養価が減少)
  電解還元水でつくる野菜スープは栄養価が高い。

Aお米を塩素を含んだ水で洗うとわずかでも残っているビタミンB1が半減する。
  (証拠;すでに1978年以来何度も新聞紙上で発表されている。塩素が栄養も殺すの記事) 
  電解還元水は栄養を逃がさないで酸化物を洗い落とす。

B効果・効能がある水
  (医療機器)還元水;消化不良、胃酸過多、制酸、慢性下痢、胃腸内異常発酵に有効。
          酸化水;弱酸性のアストリンゼントとして美容に用いられる。

  医療機器として認可されているのは水処理機の中では電解水生成器だけ

C活性酸素の1種O2-(スーパーオキシドアニオンラジカル)の消去活性が見られる。
  (抗酸化物質、たとえばビタミンCとともに相乗効果で活性酸素を消去する研究データ
  があります。しかしいわゆる「活性水素が活性酸素を消去という説」は否定いたします。)
  また、水にバブリング(混合)した水素では活性酸素の消去はできないことは判明している。
  電解還元水(解離度の高い水)の飲用は活性酸素消去にも関わっていることを「IP理論」
  が示唆

D強酸化水発明者の一人、花岡孝吉工学博士の「電解水のIP理論」は国際化学雑誌で
  2001年12月論文発表されました。
  (電気分解によって電解水のイオン積が変化し、より解離度が高い水が生成される。
  解離度が高いということは反応性が高いということであり身体の中の抗酸化物質とともに
  相乗効果で活性酸素を消去している、と考えられています。)

 当サイトは電解機能水生成器「医療機器」を健康に良い水として正しい情報を提供し電解水生成器として最も「シンプル」で「理論」と「実践」と「自社製造」と「保証期間」など、どれをとっても国内ナンバーワンと思える会社の製品を推奨、販売いたします。

 ご興味がわきましたらこのサイトをすみずみまでよくご覧ください。病気の方、健康管理に積極的な方にとって回り道しないですむ有意義な情報となるでしょう。
知識がないとき高い授業料を払ってきた私がその経験を無駄にしないために、誠実に人生を生きていらっしゃる方に回り道しないですむ簡単健康管理としての「水のみ健康法」をお贈りします。
  ・・・体調不良の方や予防に積極的な友人知人にお伝えください。
長年私も実際に愛用してきて、また価格のハードルを越えられた多くの方々の実体験を現場で実際にお聞きしております。
 科学的なことを頭だけで考え、現在の科学との単純な比較だけで出した結論ではなく実際に活用、ご指導させていただいている健康管理士が誠実に「生の正しい情報」をお届けいたします。

   日本の発明、「電解水」をまず考えると健康管理は無駄が少なく回り道しないですみます。

電解水の核心部分は水のイオン積の変化にあります。
他のパラメータは水に溶け込んでいるものに左右されます。しかし水のイオン積は直流の電気分解により簡単に変化させることができそのことで常温で安全でしかも反応性が高い水に変化させることが可能です。
国内の電解水生成器販売会社はすべてIPのことは知らないしIP以外のことに終始しています。唯一株式会社リバーストンのケアウォーターがIPを含めた電解水の情報発信をしています。ダイヤモンドバランスがとれたケアウォーターの電解能力が国内最高レベルの精度をもった機能水を長期的安定して生成します。

還元水の要素6つ