2001年6月5日
  気温25
  PM5:30〜6:00

 各種水の酸化還元電位を
 測定してみました。
 ※酸化還元電位計ORPメーター)
  RM−12P
(東亜電波工業KK製)にて測定

 測定対象水
 ○海洋深層水(高知県産)
 ○氷河の水に酸素を多く充填
   した水
 ○電子水
   無料でもらえる水

 現在オルトトリジン(塩素検査液)は
  禁止されています。


電子水のみ塩素検出しました
DATA (ラベル表示)
 酸素充填水  海洋深層水
栄養成分(100mLあたり)
エネルギー・・・0Kcal
蛋白質、脂質、糖質・・・0g
ナトリウム   ・・・0.11mg
カルシウム  ・・・1.00mg
マグネシウム・・・0.1mg
カリウム   ・・・0.05mg
硬度29.0mg/L(軟水)
pH・・・6.7
栄養成分(1Lあたり)

蛋白質、脂質、糖質・・・0g
ナトリウム   ・・・16.0mg
カルシウム  ・・・20.5mg
マグネシウム・・・38.2mg
カリウム   ・・・14.4mg
硬度208mg/L
酸化還元電位という液体の酸化濃度と還元濃度を測定できる指標があります。
酸化還元電位が高い(プラスの電位)ということは、酸化物が含まれていることが考えられます。

 ◎各種水の酸化還元電位を測定してみました。
   

    ※ご注意
     水の評価にはいろいろな視点がありただ一つの項目だけで評価は下せません。
     ただ、人の身体に摂り込む水としての最低限の指標はあります。

     
     それは、
     1.塩素が検出されないこと。(水道の蛇口までは必要です。)
       (塩素が検出される水は論外)

     2.pH値が適度な値を保っていること。
       (pH値は高すぎても身体に良くありません)

     3.酸化還元電位が適度な低さを保っていること。
       (低すぎると水が美味しくなくなります。汚染されていない名水といわれている水は電位が低いことが多いのです)

     4.溶存酸素が少ないこと。
       (水に溶け込んでいる酸素の量が適度に少ないこと)
                                       
                                            などです。

 いく種類かの水の酸化還元電位の一例です
+509mV +382mV +370mV +480mV
 水道水  浄水(塩素を除去)  酸素充填水  電子水
+285mV +75mV
 海洋深層水  湯冷ましの水
(水道水を沸騰させてから冷ました水)