マンガでわかる還元水  水博士の自分医学講座  電解生成水と生物学的要素の概要
電解水の本質は電気分解による原水(水道水・浄水)とは違う「解離度の高さ」です。
電解水のIP理論(花岡理論)の使用権は3社のみです。
小型器「株式会社ミクニ」、家庭用「株式会社プロトンコーポレーション」、業務用「ホシザキ電機」

電解還元水の歴史

アルカリイオン水、還元水の生い立ち

昭和6年頃
電解の原理は昭和6年ごろ稲作研究グループ(北海道)によって考案されたようです。
稲は、発芽にはアルカリ性の水が良く、しかし苗には酸性が良い、ということから米は酸性の水の方が良く育つことがわかり、水を電気分解することによりアルカリ性と酸性にわけてそれぞれの持つ特徴を使い分け、稲作が北海道でもできるようにしていったのでした。
結局稲にいいなら人間にも良いのではという事で農民が飲用し良い結果が出たため電解原理を製品にして販売しました。
性能検査のために当時の内務省科学警察に装置を持ち込み、お医者様たちに飲用してもらったところいろいろな優れた結果が出たためその時警察関係者の間でブームにもなったようです。
(出典:モノを売らずに気分を売れ 小学館より)
戦後 (1945年 以降〜)
1950年代
(昭和30年代
 初め)
戦後第一次電解水ブーム・警察関係者の間で起きました。
1965年
(昭和40年)
厚生省により電解還元水整水器(アルカリイオン水)が医療用具として承認厚生省薬務局長より各都道府県知事への通達「薬発第763号」にて薬事薬効効果として、以下の通り通達されました。
(昭和40年10月8日付)
効果・効能
 ○還元水(陰極水)
  消化不良、胃酸過多、慢性下痢、胃腸内異常発酵、制酸に有効
 
 
○酸性水(陽極水)
  アストリンゼン液として用いられ収斂作用があります。
1988年
(昭和63年7月25日設立)
株式会社リバーストンが、横浜市保土ヶ谷区に資本金2,500万円でアルカリイオン水生成器の販売を目的として設立されました。この時点では販売会社で製造はしていません。
1992年
平成4年
日本TV櫻井良子さんの「今日の出来事」という番組で「驚異の水」として電解水についてシリーズで放送されました。
この放送は、かねてより地球の環境問題について取り組んでいた当時日本テレビ松本カメラマンが「電解水」に出会い、取材を重ねられ、取材内容を放送。
電解水の権威、松尾博士との出会いがきっかけになったようです。
番組には現在プロトンコーポレーション顧問の松尾至晃博士も強酸性電解水のソフト開発者として登場されました。
この時のTV放送は、後に「日本医学会総会」で電解機能水が認められる第一歩となった放送でした。放送後、空前の「アルカリイオン水ブーム」が起こります。

しかし、・・・
国民生活消費者センターは「電解水否定論」を発表しました。そのためブームは一年弱で終り、世の中に電解水批判論が蔓延しました。 
 厚生省…医療用具承認の見直しを迫られました。 
整水器メーカーは電解水批判に対し対策を迫られました。
   6月
   9月
リバーストンは理学博士の松尾至晃氏を技術顧問に迎えました。それまでアルカリイオン水生成器の供給を受けて販売していましたがレベルの高い電解還元水の指導を松尾先生から受け新たに研究開発メーカーとして初の家庭用電解水生成器「NEW WATER」を完成発売しました。
1993年
平成5年
電解機能水の科学的検証をするために国が厚生省の外郭団体として財団法人「機能水研究振興財団」を設立しました。
当時リバーストーン顧問の松尾至晃博士はその設立を働きかけた一人です。
厚生省とメーカーは財団をとおして京都大学医学部糸川教授に電解水の薬事効果について検証を依頼しました。
1994年
平成6年
「機能水研究振興財団」によって「第1回機能水シンポジウム」が幕張メッセで開催されました。
電解水の薬事薬効効果と生体に対する安全性などが一部確認され発表されました。
以後、毎年1回シンポジウムが開催され今日に至っています。
1995年
平成7年10月
リバーストンは花岡孝吉工学博士を技術顧問に迎え、研究体制の充実を図りました。
1996年
(平成8年
   3月28日)
リバーストン顧問松尾、花岡両博士の強酸性水(特許名;殺菌・植物育成促進溶液)の発明特許証が交付されました。
強酸化水の基本特許は三浦電子(秋田県)が保有しており松尾博士はその取得に協力した経緯があります。
1997年
  5月

平成9年
九州大学大学院 白畑教授が電解水の研究成果を米国の国際科学学術誌「B.B.R.C」に発表されました。 
 「電解水は活性酸素種を消去し、DNAを酸化障害から護る。」
しかしながらこの論文は仮説です。2001.12.19現在
米国において電解機能水の研究が始まり、この年の機能水シンポジウムに、初めて米国からの研究発表が行われました。


リバーストンでは、医学博士の折田武一氏を顧問に迎え、講演活動を充実しました。そして家庭用電解水生成器「ケアウォーターV-A」を発売
1998年
 3月
(平成10年)
九州大学大学院 白畑教授が日本農芸科化学会議において研究を発表されました。題名:「電解還元水のガン細胞増殖抑制効果」
1998年
 10月
九州大学大学院 白畑教授が日本分子生物会において研究発表されました。題名:「インシュリン応答性ラット多角筋細胞におけるグルコース取り込み制御」
1999年
 4月
2日
平成11年
医学会最高峰の日本医学会総会で電解機能水の研究結果が発表されました。この時電解還元水が医療の一分野として検証されました。
第25回日本医学会総会 東京ビッグサイトにて
「アルカリイオン水の基礎と有効利用」研究報告集
数多くの研究者、医療関係者の研究発表がありました。
2001年
 12月
(平成13年)
リバーストン顧問花岡孝吉博士の還元水に関するIP理論が国際化学雑誌「ジャーナルオブアプライドケミストリー誌」に掲載されました。
他社とは違う科学的根拠の確かな機能水を長期にわたって安定的に作れる理論と技術を一歩進めました。

家庭用電解水生成器「ケアウォーターV」を発売


12月6日(財)機能水研究振興財団は「電解水ガイド」を発行しました。
同時に第8回機能水シンポジウム
「科学的根拠に基づいた機能水応用の可能性」2001大阪大会
プログラム講演要旨集も発行されました。
2002年
 3月1日
(平成14年)
リバーストン顧問花岡孝吉博士の還元水に関するIP理論の講演会が世界で初めて、東京で開催されました。(私も聴講しました。)
2002年
 9月13日
(平成14年)
日本機能水(主に電解水)学会が設立されました。
発起人(代表 堀田国元 国立感染症研究所)
10月
株式会社プロトンコーポレーション(系列子会社)が、厚生労働省より製造認可を受けました。
2002年
12月19日
から20日
(平成14年)
第1回日本機能水学会学術大会が開催されました。
品川区立総合区民会館 きゅりあん「8F大ホール」にて

主催:日本機能水学会  共催:財団法人機能水研究振興財団
2003年
(平成15年)
リバーストンでは、本格的に製造販売一体として、系列子会社、株式会社プロトンコーポレーションで電解水生成器の製造を開始しました。
2005年
4月1日
から
(平成17年)
薬事法改正により法的には「医療物質生成器」である通称電解還元水生成器は医療用具から「管理医療機器」へ変更されました。
2007年
4月1日
から
(平成19年)
ケアウォーターVの生産を終了。
最高級機ケアウォーターV2に一本化しV2の標準価格を下げることに成功。
電解還元水生成器「ケアウォーターV2;音声ガイド付」の大衆化計画を推進中です!
2008年
2月4日
から
(平成20年)
本社を子会社のプロトンコーポレーションと同じ場所に集約し営業を開始。
石油価格上昇による原材料費高騰で製品価格が上がるのを抑えるためにコスト削減をいたしました。
2008年
4月から
(平成20年)
株式会社プロトンコーポレーションと株式会社リバーストンは統合され、「ケアウォーター」は株式会社プロトンコーポレーションのリバーストンブランドとなり製品価格の上昇を抑える努力をいたしました。

ページのトップへ
   還元水の名付け親はリバーストン顧問 松尾博士で、
強酸性水の発明者のひとりです。 特許証はこちら >>

強酸性水の歴史

「強酸性水」の除菌・洗浄効果は近年、急速に注目を集めています。
そして現在も「強酸性水」の活用範囲は新しい分野へと広がっています。
※強酸性水生成器の始めての機器は秋田県の三浦電子という会社が開発生産しました。
当時ソフト面での協力をされたのが松尾博士です。それが強酸性水の歴史の始まりです。
※無農薬農業における強酸性水の使用は株式会社Aがもつノウハウが国内最高レベルです。

1900頃 食塩水を電気分解して、塩素と水酸化ナトリウムを生成。
塩素には殺菌、漂白効果あり。 (明治時代の特許より)
1965 アルカリイオン水が医療用物質生成器として厚生省(現 厚生労働省)より認可。
1991 「次亜塩素酸」(HOCl)が食品添加物から除外される。
1992 「きょうの出来事」(日本テレビ)で”驚異の水”として放映。
ROX(除菌洗浄用)発売。
1993 (財)機能水研究振興財団設立。
1994頃 電解水の殺菌効果(研究室レベル)が多くの学会で発表。
1995 HOX(調理用)発売。
1996 ROX-10A-Mが厚生省(現 厚生労働省)から医療用具認可取得(日本初)。
病原大腸菌O-157が猛威を振るう。
電解水の殺菌効果が市場へ浸透
1998 厚生省(現 厚生労働省)に確認頂いた後、
JIX(電解次亜塩素酸ナトリウム水生成装置)発売。
1999 米 環境保護庁(EPA)へ企業登録(Hoshizaki America, Inc.)
米 ホシザキの強酸性電解水が食品医薬品局(FDA)より食品への利用を認められる。
米 ROX-20TA-U(米国輸出向)が電気安全規格(UL)取得。
2002 強酸性電解水(次亜塩素酸水)が食品添加物に指定される。
米 ROX-20TA-U(米国輸出向)が食品衛生規格(NSF)取得。

(出典:一部を除いてホシザキ電機様のサイトより)

ページのトップへ

水と健康/電解還元水専門の優商






日高健康管理士office水の豆知識水の正しい飲み方還元水って何?ケアウォーターV2花粉サプリメントお問合せフォーム水と健康ブログ

Copyright(C) 1999-  わかりやすい!?水と健康 All Rights Reserved.