インターネット上の少なからずある、間違った情報に左右されないでください。聞く人を間違うと間違った情報がインプットされてそのあと固定観念があなたを支配することがあります。

まずは、電解還元水の事実を積み上げてみてください。
電解水生成器は法的には「医療物質生成器」ですが、健康な方も問題なくご利用いただけます。
水道水を飲む・煮る・洗うに使える機能水を生成できてランニングコストも安価です。

 昭和初期に発明されて以来すでに80年近い歴史のある電解水は昭和40年に医療用具として認可され、平成17年4月から管理医療機器になりました。その間紆余曲折ありましたが医療機器の認可は継続されています。
販売者は行政機関への届出が必要です。できれば管理医療機器営業管理者の資格を持っていることが購入の場合の選択肢のひとつです。

法的には「医療物質生成器」と言います。 電解水の歴史はこちらから >>

安全な水道水、あるいは飲める水を原水として内蔵の浄水器を通して電解槽で電気分解して生成します。
現在、水処理機で効能効果を言えるのは医療機器認証番号がある「電解水生成器」のみです。
許可制ですので、許可を国から受けた工場でない製造と修理もできません。

生成される水の種類
  基本的に大きく分けて ・・・ 「還元水」・「酸性水」・「浄水」の3種類の水を生成できます。

  その効能は ・・・ 「胃腸内症状の改善」 陰極水(還元水)
  解説:「胃もたれや胃の不快感をやわらげます。胃腸の働きを助け、お通じを良好にします。」

使用できる表現
  社団法人 日本ホームヘルス機器協会の自主基準、家庭用電解水生成器の使用目的、効能又は効果は
  以下のようです。
胃腸内症状改善のための飲用アルカリ性電解水の生成を目的とし、一般家庭で使用する機器であること。

これが電解還元水の基本となる事実です。