水道水の価値
 人には価値観があります。 その価値観が人生を支配しているといったら言いすぎでしょうか。
他人から見たら「何でそんなものに大切なお金をかけるの!」と言いたくなるようなことが往々にしてあります。よい例がブランド品の収集でしょう。しかしそれを非難している人にも、車にこだわりをもっていたり、食べ歩きが好きだったり、お酒の銘柄や味にこだわったりと興味のない人からするとまったく無意味だと思えることに多くの人がこだわっているのです。みんな50歩100歩、大差はありません。自分の責任において支払能力があれば身内の気持ちを少し考慮しながら思う存分楽しめばよいのではないでしょうか。たった一度の人生、あの世にお金はもってゆけません。

しかし水に関しては健康に直結することです。 ひとまかせにするほど健康は安っぽい物ではありません。
真剣に考え納得して実行するに価値ある事柄だと考えます。

 弊社の考えは、現在の水道事業においてこれだけ安価でしかも現在の水道法の基準を監視しながら守って水道局が作ってくれている水道水は一部を除いて安全であると思っています。 一部とは、塩素とクリプトスポリジウム(原虫)などの害を除くという意味です。
塩素は戦後感染症の激減に大変な役割を果たしましたが研究によって水の中に含まれる不純物と反応しトリハロメタンなどの発がん性物質を生み出すことが報告されています。しかし塩素は揮発性のため処理の仕方で揮発させられます。原虫に関してはいろいろ事故が日本でも起こっておりその監視体制は厳重になっていますので発見されたらすぐに処置がされます。(鹿児島県財部町で原虫が発見されしばらく水道が使用禁止になったことがありました)
現在の日本の水道技術はこれらの害をほとんどシャットアウトできるものを持っていますが、水道料金が高くなることは避けられないでしょう。それで現実的な選択に落ち着いています。
しかし、水道水の水質が悪い根本原因は私たちの流す生活排水が一番の理由なのですから、水道料金が高くなるのがいやなら蛇口から口に入る間は自分自身で自己防衛するのが当たり前ではないでしょうか。

自分の健康は自分で守る
その蛇口から口に入る間にも人それぞれの価値観が存在します。
いろんな水にこだわるいわゆる水マニアと呼ばれる人たち、この水でないとだめだという宗教がかった人たち、この病気が治りますよといわれて買わされた人たち、そして販売側にも真剣に「すごい水!!」を連発して販売、しばらくして何をやっているかと思えば商売がえしている人、あれはなんだったんだろう?
・・・まぁ~いろいろな人がいます、私を含めて。
どのようなものに出会い何を愛用するか、ご縁ですね。
(結婚と一緒です;よかったと思えるのかどうか・・・!?)

 水に関してもご縁だと感じております。いくらこちらの価値観を伝えてもピンとこない方もいらっしゃいますし、何も説明しなくてホームページの内容だけでご注文いただける方もおられます。
やはりご縁だと感じています。そのご縁にさらに報いるためにご購入後のサービスを充実させていきます。    やりたいことは第一次予防
第一次予防
病気自体にならないように生活習慣を常日頃から整えた生活を過ごすことで、栄養のバランスを考えた食生活や適度で継続的な運動などで免疫力を落とさないようにし、病原体などとも接触しないようにする根本的予防法。
人は痛い目にあわないとやろうとはしないので一番難しい予防法。
第二次予防
定期的な健康診断による、早期発見、早期治療によって病気の芽を早期に摘み取り、社会生活にできるだけ深刻な影響を及ぼす事を防ぐ予防法。
積極的に健康診断を受けようとする姿勢が大切。
第三次予防
病後のケア、リハビリを適切に行いできるだけすみやかに社会復帰を促す予防法。
生活習慣を改め無理のない生活を心がけ再発を防ぐ

あなたはどの道を選びますか?・・・
保険などは支払いに該当するできことが起こってもらえる保険金をできるだけ「要らない要らない」といいながら払い続けるもので、いざとなったら第二次、三次予防をすることに役立ちますが、そうなる前のプロトンウォーター®(電解水)による水のみ健康法はあなたのかけがえのない健康に大切な健康貯金を積み立ててくれるものです。
しかも家族中で第一次~三次まで活用できる無駄のない健康管理法なのです。

電解水の価値

非常に乱暴に水を分類すると3つに分かれるように思います。
水の種類 本体価格
(家庭用から業務用まで)
売りの内容
浄水器 数百円~数百万円 塩素除去などがおもな売りの水
活性水生成器 数万円~数百万円 何かが意図されて添加されたか又は見つかってそれが売りになっている水
電解水生成器 20数万円~数百万円
(家電品レベルのアルカリイオン水は除く)
おもに水道水を電気分解して水道水より解離度を上げ電子活性量を高めたこと、体内で多すぎる活性酸素を特異的に消去補助をしてくれるということが売りの水
(しかし活性酸素消去補助が他の水との一番の違いです)

他に電子水、磁気水(活性水生成器の類)などあり機能水などと呼ばれていますが研究事例が少なく原理に関しても本を読みましたがよく分かりません。頭が良くないせいもあるかもしれません。(電解水も機能水の一つですが、機能水はある会社の登録商標です。)

 浄水器には、塩素除去という役目がありますので塩素が取れていることを適宜確認できれば最低でもつけていただきたいです。(時折塩素チェッカー;タニタ製2500円などで調べてください)
従来のオリトトリジン法による塩素検査は禁止されました。2002年4月1日から
逆浸透膜水(OR水)は特殊なフィルターで有害物質をほとんど除去というのが売りですので浄水の部類です。

 活性水生成器にも、塩素除去できるものはあります。その他に内部に用意されたいろんな種類のフィルターを通過した水がその成分を溶け込ましてでてきて、そのミネラルなどのバランスが体によいとの内容の水が多いようです。しかしこれは溶質論であって水に溶け込んでいる成分を問題にしています。

 電解水生成器は水道水を高性能の銀添抗菌活性炭を通して浄水しそれをまた精度の高い電解槽でしっかり電解して水自体の解離度を上げることにより、溶解力、還元力(酸化に対抗する力)を持たせたもので、その電子活性力により体の中で活性酸素の消去の補助をしていることがリバーストン顧問花岡先生のIP理論で示唆されました。

たまに電解水を「人工的な水では?」と揶揄される方がいますが、現在手軽に手に入れることができるもので自然な水はほとんどなく名水100選で選ばれた水源も汚染が進んでいることが調査でわかっています。
また電解してつくる解離度の高い水はそもそも自然界の中でもともとあった水で世界には奇跡の水といわれる水を産出する場所が数箇所存在していますが、その水自体が解離度が高いことが示唆されています。
その解離度は電解水より高いのです。つまり自然界は自然の営みの中で解離度の高い水を生み出しそれが生物の進化に何らかの重要な関わりをもっていたのではないかというところまで考えが及んでいます。 あくまでもこれは仮定ですが。
また電気はこの世が生まれた時からすでにあり電気の正体は電子ですから電子と解離度の高い水もなければ生命の誕生と進化もなかったかもしれません。

 「生命活動は化学的反応と電気化学的反応なくしては語れないのです。」

 人の体は水がめで電子の器である。(by 松尾博士)

第一次予防は一番難しい予防法です。世の中誘惑が多く聖人君主でもない限りおおむね実行は難しいので健康阻害物質の積極的な解毒に還元水の活躍の場があります。
健康のためには、利用方法が広くしかも能力に比べて安く、なおかつ科学的根拠が一番しっかりしている電解水が最良だと思うのですがいかがですか?

 第一次予防に・・・長続きしないはやりの健康法よりプロトンウォーターに
                         よる「昔ながらの水のみ健康法」をご活用下さい。