電解還元水の本質とは? / 水と電解機能水ガイド

電解還元水の秘密
無料メルマガ/全5回講座
お名前
メール
アドレス

メールアドレスは終了後削除します。
▼ 個人情報保護に関して

水族館のクラゲ

水と電解機能水ガイド > わかりやすい水情報

溶媒・溶質・溶液を理解すると水情報の見方はやさしくなります!

電解還元水の本質と水の相対要素

複雑なようで単純な水の見方は?

 私たちが一般的に言っている水とは、純水(H2Oは理論純水です。)を溶媒とすると自然界ではそのままでは通常存在できないので何がしかの物質を溶け込ませています。それが溶質で溶媒と溶質が合わさったものが溶液となります。

たとえば、ペットボトル飲料は溶液です。純水に炭酸とか糖分とかミネラル、ビタミンなどを溶質として含有しています。いろんな飲み物がネーミングがついて販売されていますが、「溶質が何か」をみればいいだけのこと。

もし身体に良いとのふれこみならその溶質による効果を言っている場合がほとんどです。
ほんとに効果があるのかは客観的なデータが必要で、ほとんどの製品は販売会社の主張のみです。

 ところが直流の電気分解におけるアルカリイオン水、電解還元水においては基礎研究の積み重ねによって溶媒としての水の構造が変化(解離度が高くなっている)しているということがわかってきました。
そのため原水として利用する水道水が電気分解した後は反応性が高くなっていることがIP理論によりわかりました。
電解することで解離度が高くなり、そのことで反応性の悪いものの反応性を高める働きが私たちの健康生活に有益な価値を生み出しているようです。
もっとわかりやすく言えば野菜などの抗酸化力(活性酸素消去力)のある栄養素を効率よく身体の中で働かせる補助をしているようなのです。それでケアウォーターV2から生み出されるプロトンウォーターのことを栄養補助水とも言います。

 がん予防に大変価値のある「野菜」や「果物」はその生育に必要な土壌が疲弊してきており、昔ほどの栄養価の高い野菜などが育ちにくい環境にあります。また季節感のない食材も栄養価が減少しており健康のためには必ずしも力があるとは言えません。少ない栄養価の食材を効率よく加工、摂取するためには価値ある調理ができる水が必要とされています。
それが科学された水、IP理論がその尺度になっているのが「プロトンウォーター」なのです。

新しい水の力の発見  新しい「水の力」発見
 テキサス大学客員教授 花岡孝吉工学博士著
 ▽ 内容詳細はアマゾンの本屋さんでどうぞ >>

←読まれた方のご感想です。
  宮城県の方(2009年12月18日)
新しい水の力の発見を読んでの感想

水の解説書の決定版がこの本です。
水と健康の科学がやさしく説かれています。