本文へスキップ

還元水生成器の経費は結局安い!全国通販専門店「優商」

▼ サイトマップ

お問い合わせ/無料ご相談TEL.050-3424-2780
管理医療機器販売業届出/用販第581619号

Home > 水の経費比較

いろんな水の経費比較compare

還元水のランニングコストは、ほんとうに安いです!

水の種類

電解還元水生成器の特徴と経費

原水

 法的管理された安全な水道水を基にして、電解還元水生成器に内蔵されている浄水器でいったん塩素などを除去後、機器内の高性能の電解槽で電気分解します。すると通称「還元水」と「酸性」と言われる電解機能水2種類が生成されます。

還元水は飲用する水、酸性水は外用に用います。還元水は、弱アルカリ性で酸化還元電位(略してORP)がマイナスになります。酸性水は弱酸性で還元電位は+です。ちなみに水道水は+約500mV以上を示します。その原因は塩素の影響が大きいです。塩素を除去した場合の電位は+200mvほどです。

特徴

解離度の高い水を生成します。
(テキサス大学客員教授花岡孝吉工学博士のIP理論より)
電気分解で生成される陰極側の水(通称還元水、アルカリ水)は、弱アルカリ性です。

電気分解で生成直後は、水の酸化還元電位がマイナスになります。
 

 酸化還元電位計の実測値でマイナス200mV以下に下がります。腸内環境はマイナス50〜150mV(腸内細菌分類学の 光岡知足先生著書より)なので整合性があります。 ちなみに水道水はプラス600mV前後が多いです。

生成直後は、水道水に比較して分子状の水素が多く酸素が少ない水なので嫌気性の微生物である腸内細菌との整合性があります。(※嫌気性とは酸素を嫌う性質と言う意味)

昭和6年に日本で発明され、医療用具認可制度は昭和40年から、現在は平成17年4月1日から改正薬事法のさらなる改正により管理医療機器(クラスU)に該当する医療機器の第三者認証制度がスタートしており医療機器はJIS規格が制定され厚生労働省が告示を出すことにより、第三者認証品目となっています(従来は厚生労働省(国)承認品目)。

JIS規格化に伴い、還元水の使用目的、効能・効果は「胃腸症状の改善」に統一され、「胃腸症状」の 解鋭・注釈として「胃もたれや胃の不快感をやわらげます。胃腸の働きを助け、お通じを良好にします。」 となりました。

酸性水の使用用途は、従来と変わらず洗顔、食器洗い等です。

経費(ランニングコスト)

電解還元水生成器のランニングコストの計算は簡単です。以下の項目がわかればだいたいの計算ができます。

・本体の購入価格

 (例;ケアウォーターV2ECO 標準価格235,000円税別)

・1年に1回のカートリッジ交換費用

 (例;11,550円税込)※カートリッジは最初1本付いています。使用期間:(例;保証期間が5年なので、5年としてカートリッジ4回交換)

(253,3800円+11,880円×4回)÷5年÷365日≒165円

※カートリッジ寿命は、1日40リットル使用して1年に1回交換で設計されています。実際は1年に1回必ず交換をお知らせする音声とランプの点滅があります。使用量が多い場合は14トンで交換のお知らせがあります。どちらか早いほうで交換です。

1リットルたったの約4円なのでただ「飲む」だけではなく、「食材を洗う」「煮物を調味料を減らして作る」など、他用途にたくさん使えます。

これが電解還元水と他の水との大きな違いです。通常の浄水器の塩素除去能力はありますので食材のビタミンを減少させることもありません。

ウォーターサーバタイプの経費

特徴

 家庭や事務所に冷水または温水を手軽に給水できるサーバを設置し利便性を訴求。自然水や地下水を原水として製造し、ボトリングして設置場所へ配送することで安全性をアピール

経費

 サーバのレンタル料金が必要な会社と無料の会社があります。電気代が結構かかります。(1000円ほど)特にお湯を使う時に電力の消費が大きいです。

配送される水のボトリングも安い場合でも7.15Lで1,100円という新聞記事があり、その場合1Lが154円となります。そうすると食材を洗ったりお米を洗ったりに使うのには経費が心配、結局使いにくいです。飲むだけになりそうですね。月に3000円以上かかるなら断然電解水生成器の方をお勧めします。


 

浄水器の経費

 塩素を除去することが主目的なので計測可能、ろ過材料によって浄水性能や機器の価格が決まります。高額な浄水器は必要ありません。塩素を除去するためだけなら1万前後の性能確かな製品で十分です。

レンタルの浄水器も計算すると結構経費がかかります。
※毎月、4,950円以上の経費が掛かっているなら電解水がお得

ペットボトルの経費

 主に自然水を原水として逆浸透膜生成器で濾過した水によって製品化されている、清涼飲料水です。

何を溶質として溶け込ましているかでお茶飲料、炭酸飲料、ジュース飲料など多種に分類されます。特売でミネラルウォーターが2Lで98円ということがありましたので、1Lが49円です。というわけで野菜やお米を洗うには躊躇します。

結局飲むだけ、しかも家族が多いと、毎月5000円以上使っているご家庭も多いのではないでしょうか?

※毎月、4,950円以上の経費なら電解水がお得

逆浸透膜水生成器の経費

 ごく微細な水分子しか通れないような穴があいている膜に圧力をかけた原水を通過させると一切の不純物を除去できるという機器。 テレビでも牛乳が透明な水になって出てくる場面を見たことがあるのではないでしょうか。

いわゆる、純水をつくる機器です。純水には電解質が含まれていないので長期飲用は不向きです。 それでミネラルを添加する、メーカーもあるようです。

 日本においては、硝酸性窒素の値が水道基準法の上限に近い地域は必要性があると思います。特に乳幼児がいるご家庭では検討課題です。硝酸性窒素は乳幼児突然死症候群の原因の一つではないかと疑われています。

経費的には本体価格と、逆浸透膜自体も消耗品だと思います。水道水が世界でもとてもよく完備されている日本では必要性は少ないです。水道局の管理体制を信じましょう。それほど水道基準法は厳しいです。

つまり、一般的な家庭で水をつくる機器としては行き過ぎです。飲めない水を飲めるようにするためにこれが必要な地域は外国にあります。

他の水処理器の経費

いろいろありますが、ほとんどが水の溶質をなにがしかの濾過材でこしとる原理です。 高額な浄水器は日本ではいらないです。

還元水.COM通販/優商運営

〒899-5652
鹿児島県姶良市平松4621-2
IP電話:050-3424-2780
営業時間:平日9:00〜17:30
休業日:土日祝日
※営業目的の連絡/FAX.不可