初めてのご訪問ありがとうございます。

水と健康のミーマリスト「優」です。

ミーマリストとは”伝道師”という意味です。

 お世話になった、鹿児島県内では老舗の着物販売会社の元社長さんが地元の民放のテレビに着物ミーマリストとして出演され、わたしも正しい健康情報のミーマリストになりたいとの思いから元社長にミーマリストと名乗ることのお許しをいただきました。
サラリーマン時代にある女性からリバーストンブランドの電解還元水生成器「ケアウォーターⅢ_A」を父親の難病の介護で苦労した母親のためと思い購入したことがきっかけで私自身が電解還元水生成器の販売に関わることになりました。

その女性は今でも宮崎で還元水の普及に貢献されていて私より長年されているのではるかに多いお客様のいろんな生の体験談をお持ちです。その女性が言ったことが嘘でないことは私も同様に経験して、還元水をお伝えすることは価値があると確信しました。

ただネット上の情報を見るとどうもバランスがよくありません。否定派は現場を知りません。一部の研究者の否定的な言葉をうのみにしています。逆に販売者で極端な者はあらゆる病気が治るようなおかしなトークがまかり通っていた時期もありました。

このサイトでは、事実とともに正しい水と健康の情報を健康管理士一般指導員の資格を持つ現場で働く私が誠実にお伝えいたします。あなたの健康管理を真剣に考えるきっかけになれば私の喜びです。
そしてぜひ実践してください。知識がある、情報を持っているだけでは意味はまったくありません。生かしてこそその価値が生まれます。
ぜひ、活かしてください。

複写機サービスマン兼営業マンから健康産業へ

 1999年11月から健康産業に従事して私が学んだ一番のことは、健康情報は聞く人を間違うと取り返しがつかなくなることが多いということです。しなくてもいい回り道をしがちになるということです。それを見究めることがとても難しいですね。

ネット上ではあることないこといろんな情報が入り乱れていますし、ごみ情報も結構あります。優商では、ある世界的な有名自動車メーカーの”三現主義”に習い、「現実」「現場」「現物」を大切にしてゆきたいと思います。

すなわち
1.科学的な根拠が大切。しかし、はっきりしていなくても現実に再現性のある結果が出ているものには価値があるとも思います。。
2.実際に使用してる方の意見が最優先。
3.結果を出している製品の最も優れた製造会社、販売会社を厳選しご紹介する。

ということです。
現場を知らない専門家の意見ほど罪なものはありません。逆に良く言いすぎる販売者の上手なトークに踊らされないように常日頃から学習しておきましょう。
知識は「バランス」が大切です。健康管理も結局、ポイントは「バランス」だというのが私の考えです。

ミーマリスト優のプロフィール

昭和54年 工業大学の電気工学科卒 鹿児島県の電設会社を経て愛知県の設計事務所に転職、派遣社員として三菱電機稲沢製作所でエレベータ電機設計に従事する。
昭和59年にUターン、文具事務器販売会社で複写機の保守と販売に関わる。この時人生で一番やりたくなかったセールスを経験、飛び込み営業にも挑戦いたしました。16年近く勤務後、若くして難病で他界した父の介護を母親が一生懸命していた姿が強く記憶に残り、取締役特販部長を最後に、ライフワークとして予防医学を目指すことを決意、1999年11月創業いたしました。健康の正しい情報をお伝えすることが私の目的です。

---------------------------------------------------------------------------------
取得資格:日本機能水学会正会員/国家資格:電気主任技術者第三種/NPO法人日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員/鹿児島県健康管理士会所属メンバー/管理医療機器営業管理者/管理医療機器販売業機販581619号;薬事法第39条1の規定に基づく保健所への届出済み

「わかりやすい!?水と健康」情報発信にいたるまで

腎臓病で肥満に

 食が細く野菜も肉も魚も嫌いでした。お菓子が主食だったようです。振り返るとよく便秘をしていました。それで浣腸をよくしました。そうです「イチジク浣腸」です。

貧乏でとても汚い家に住んでいましたのでたぶんウイルス性の病気でしょうか?小学2年の3学期腎臓病になりました。塩分制限のため使った無塩しょうゆで食べるお餅が口に合い、自宅療養中に毎日食べていたら1ヶ月後肥満になってしまいました。
ところがそのことで食生活の好みが変わり食が細くやせていたのに何でも食べることができるようになりました。

しかし、急激な肥満の影響もあるのでしょうか?心臓弁膜症の疑いで小学校3,4年の時は2年間体育はできず通知表は1でした。その他にも目の病気、中耳炎、頭を打って縫う事故、そしてアデノイドという血腫ができる病気で子供の時手術しました。病院が友達でした。

元祖、フリーターと派遣社員を経験

 その後は、肥満はそのままでしたが中学から高校と皆勤賞でした。大学時代はマージャン、パチンコに日本酒に親しみ熊本の下宿での4年間はたいへん良い先輩後輩にも恵まれ楽しい経験をさせていただきました。勉学をおろそかにしたせいでしょうか卒業した最初の電設会社では肉体労働をしました。その時が一番身体がしまっていたと母から後に聞きました。

20代は実社会で経験を積むことに必死でした。今で言う”フリーター”や”派遣社員”を、その言葉が生まれる前に経験しました。
20代後半からは愛知県からUターンし、とても良い会社に恵まれて「企業戦士」として朝早くから夜遅くまで健康管理も気にせず頑張っていましたが、ふと気づくと厄年前、健康診断でも注意される事が多くなりました。

42歳頃「電解水」との出会いがあり、今までの不摂生を反省?し「健康の地図」を描くとともに「人生の地図」も描き直しました。

 90歳を超えた現役の医師で「生き方上手」の著者、日野原重明先生は言います。「早いうちからの生活習慣の見直しはおそらく人生の実りも多い」と。また「日常の行動の中に健康の種がある」とも言われています。

健康の「ものさし」を持っていますか?

 ほとんどの方が、人生の後半で必ず病気の問題に遭遇いたします。その時あわてて行動するより、冷静に判断できるうちから健康管理のことを学習しておきませんか?
私は仕事を通していろんな健康関連製品で大切な資金を無駄に失ってしまう方が大変多いことに愕然といたしました。そこには選択の「ものさし」がないためつけ入る健康業者の餌食になっている構図があります。

私たちには健康管理の「ものさし」が必要だと思うのです。
そのためにはインターネットを含め数多い情報を見極め、その「本質」を見抜き理解する力が必要とされています。

 私が健康情報をお伝えする基本は、私自身が・・・
 ①ほんとうに正しい健康情報を知りたい。
 ②正しい健康情報で最も安上がりな健康管理をやりたい。
 ③健康管理で100%の方法はないのだから確立が高いものから
   実践したい。

 との思いからです。

一度しかない人生変な物で回り道したくはないですものね!

 忙しい皆様に変わって価値のある健康関連情報をお伝えしてまいりますので「日髙健康管理士事務所」と「優商」のサイトをどうぞよろしくお願いいたします。

ミーマリスト優の自己紹介
▽ 自己紹介記事のダウンロード(pdf形式)詳細を見てみる。>>

私の運命を変えた電解機能水との出会いの実話ストーリー
▽ 「本物の還元水の販売をする!」と言ったら笑われた・・・>> 

これが理想、理想の人間を目指して生ききる!
▽ ”九徳最も好まし 朱子「近思録より」>>

                                    [ 上へ

水と健康/電解還元水専門の優商

水の豆知識水の正しい飲み方還元水って何?ケアウォーターV2花粉サプリメント水と健康ブログお問合せフォーム

Copyright(C) 1999-  わかりやすい!?水と健康  All Rights Reserved.