健康管理を心から真剣に考えませんか?

健康は水と食選びが基本中の基本

人の身体を家に例えたイラスト
病気して最も苦しいのは実は周りの方々なのかもしれません。

介護はほんとうに大変です。
一人の病気のために肉親の最低一人は人生の一部をその方のために費やさなければなりません。
保険や倒れた後の収容施設などを検討することは大切なことですが、まず最初に考えなければならないことは予防です。

未然に防ぐことの大切さと予防を目指すより建設的な姿勢はきっと実りある人生、後悔のない人生を約束してくれることでしょう。

水のみ健康法の利点を検証

 昔ながらの水のみ健康法は最も安上がりで理にかなった健康法です。
老若男女副作用の心配もなく、生活習慣に無理なく溶け込み、時代に関らず普遍の健康法です。
水を良く飲むことは、保水量が十分な身体を準備し身体に余裕ができるため環境の変化にも対応しやすく、また老廃物の潤沢な排泄にも力を発揮します。

口からお尻の穴まで約10mほどある一つのちくわ状の管は、生きていくための食材(栄養素)を口で咀嚼し、胃腸で消化し、おもに小腸の表面で吸収、そして排泄します。
健康に良い水は、健康に密接に関係する腸内細菌叢を乱さず、積極的に改善、(電解還元水の効果・効能認可内容:胃腸内症状の改善)皮膚免疫、腸管免疫系にも間接的に良い働きを及ぼすことが期待されます。          

水や電解機能水に関して間違った情報を得ている人もいます。

電解還元水での健康管理について

●不審に思う人がいますが、どうなんでしょう?

 電解水に限らず水処理器は今までの歴史の中でよくない販売会社がありました。法律すれすれか完全に違反した販売をしている者もいます。国の法的な引き締めは悪徳業者の排除に対して薬事法や特定商取引法の改正などで対応しています。消費者保護のためにどんどん厳しくなっていますので契約に関してうその事実を告げて購入させれば場合によってはクーリングオフは期間が無期限となります。

 電解水は(財)機能水研究振興財団が設立され昔に比べると科学的検証が随分なされておりますが特に強酸化水の有効利用は専門分野での認知度が高く、食品添加物としても認可が下りています。 
電解してできる陰極側の水(メーカーによってはアルカリイオン水または通称、還元水とか名前がついています)の精度や安定度、生成するための電極板の材質などだいぶ向上してきて昔に比較すると原水(水質が国内の各所で違います)に左右されない構造、電解制御、設計に進化しています。
そしてなにより飲む、煮る、洗うに特徴を持った使い方ができ、しかもランニングコストが安価な水としては他に変わる水は見当たりません。

電解水以外にも学習をいたしておりますが(有効な面があれば自分も利用したい)納得できるものは少なく、特に対費用効果となると浄水器以外は高すぎます。電解水は生体水との整合性がもっとも納得でき生体に負担の少ない水だと飲用していて感じています。

●電解水へ反論する人がいますが真実は?

 これはインターネットで検索して調べるといろいろな事柄がでてきます。
素人同士での議論や体験談だけの掲示板書き込み、今までの科学的な事実にあてはまらないからだけの理由で、飲用したことのない方の誹謗中傷、まったくいろいろです。

また愛用者でも少し言いすぎの感がある方のコメント、何がほんとうなのか・・・。
その答えはこのサイトに記載しています。

●誤解されていること、確かにあります。

 それは某大学教授の「活性水素説」
この説をもとにいろいろなメーカーがその教授とは特別な関係はないのに、活性酸素を還元水が消去している根拠として活性水素をあげていますが、活性水素には現在化学的定義がありません。
しいていうなら電解している時、陰極側(還元水生成側)の電極の表面に原子状水素3個分ほどの膜ができます。しかしこの原子状水素は電極板から遊離することはありません。水素は還元水の中に存在しますがそれは分子状水素であり原子状水素ではありません。

しかしこの分子状水素が酸化還元電位に関っていて電解の性能と機器の電解がうまくいっているかいないかを判断する目安になります。
還元水自体が活性酸素を消去することはありません。では還元水の存在価値は何なのか。それを示唆しているのが電解水のIP理論と考えます。

●ほんとうの意味の反論に答えます。

 アルカリイオン水を昔飲んでいたがさほど体感できなかった、など過去の機器による体験であまり利点を感じなかった方々もいます。

技術は日進月歩、機器内部のマイコンも精度が高くなって、さらに電解槽のノウハウも長年やってきているメーカーには蓄積があり進歩しています。
一口に電解水生成器と言ってもどのメーカーも同じではありません。アルカリイオン水生成器と当店が思う電解精度の高い還元水生成器も違います。
構成はほとんど同じですが分解してみるとその材質、外見の重々しさ電機設計の現場で業種は違いますが働いていた私は「これは違う!」と感じます。

一番違うなと感じるのは器機の耐久力、電解槽の構造からその電解能力も大きな差があると思います。(解離度が高いことが電解水の本質(IP理論より)なら、酸化還元電位が−200mV以下でないと解離度が高くならないと考えます。:ただし電解電位と解離度は比例するわけではありません。)

ほんとうに性能の良い電解還元水生成器とは?

当店が考える最も性能のよい機器は以下のような要素の品質が高い物です。
  @適度なpH値
  A溶存酸素(DO)が低い
  B酸化還元電位が低い(−200〜−250mVを推奨)
  C通電性(EC)が高い
  Dp(IP)w値(イオン積力)が低い
  E原水に左右されない電解精度を出すためのシンプル構造
  F電極板がリバーシブルでプラチナ(白金)材質であること
    リバーシブルタイプは電極板表面に水酸化カルシウムが付着しにくいです。

  G専用の電解槽で専用の水を作る(シンプルな構造は故障が少ない)
   強酸性水との兼用タイプが登場していますが殺菌と飲用の水を1台の器機で兼用するのは
   どうかと思います。
   販売のための製品作りのように思えてなりません。価格もぐんと高くなります。
   本来の存在価値は「健康に良い水の生成」のはずです。
   またメーカーによっては手動洗浄の操作が不要の機器もありますが、電極が入れ替わ
   りかつ水路も入れ替わることによって飲用する側の水が安定してできないようです。
   実際に使っている方から聞きました。シンプルが1番です。

●無関心

 電解水と言うよりも健康管理に関してまだ深刻に考えられる年代ではないか、面倒くさいか、今まで元気だったからすぐに考える必要性を感じない方か、そんな方が大多数かもしれません。
しかしながら「生老病死」という言葉を思い浮かべて下さい。これには例外はありません。
ほとんど全ての方が行く道なのです。 いざとなったらどうされるおつもりですか?

 「その時はその時さ!」 ・・・ ですか?

 病気になってから健康の大切さを説く方は大変多いですが、今何も健康問題がない人が予防を考えることは少ないですね。もし関心があってもお手軽な安いサプリメント(健康食品)を購入するぐらいでしょう。
私たちが先人から学ぶべきことは、生活習慣の見直しと改善と覚悟だと思っています。
病院で診断することは大切ですが、そこまでいった時は手遅れになることもままあります。
定期的な健康診断をおすすめします。受ける健康診断の長所と短所を知って有意義な受診をしてください。
 健康管理の優先順位は食生活改善と興味をもたれたら水からぜひ考えてみてください。

健康管理で回り道しないために・・・安易な健康食品の服用はかえって身体を害することになることも知っておいてください。一つ一つは安価でも積もり積もると結構な費用となります。

あなたの生き方が健康法となります。 後悔のない健康管理をどうぞなさってください。

▼ まんが 「プロトンウォーター物語」無料プレゼントはこちら>>

水と健康/電解還元水専門の優商

水の豆知識水の正しい飲み方還元水って何?ケアウォーターV2花粉サプリメント水と健康ブログお問合せフォーム

Copyright(C) 1999-  わかりやすい!?水と健康  All Rights Reserved.