※大変重要なことなので、ぜひご一読ください! 疑って疑って選んでくださいね。

まず疑おうサプリメントの効き目

文責: 日高健康管理士事務所

 日本では健康食品、健康補助食品、栄養補助食品とも呼ばれるもの。

 欧米では「サプリメント」と呼ばれ、不足したものを補うという意味です。健康食品という呼び方については問題があるという意見も多く、私もそう考えますのでここでは呼称を統一して以下「サプリメント」と呼びます。

 健康産業は現在どの分野の産業より急速に成長しています。 そのような時はかならず品質に問題があるものが出てくるのは過去の歴史が物語っています。購入される立場の方々はまず疑いましょう。そして選別する眼を持っていただきたいのです。価値あるものに、また結果はどうあれ心から納得したものに対しては後悔はないでしょう。もちろん健康被害があってはいけませんが、それは論外です。

 販売する立場から消費者をみますと、どんな製品が受けるか、またどんなものでブームを作るか必死で考えています。言い過ぎかも知れませんが、摂取する方の健康を本気で考えている販売者は極少数です。 その中で悪いことを考える人たちが出てくるのも事実です。

健康産業で、できる限りの情報を公開している会社は少ないと思いませんか?

 製造に関わるもので他社に真似されることを防ぐ意味でのいわゆるほんとうの意味での企業秘密は除いて、製造している販売会社はもとより製造現場の写真、工場の場所、原料の調達、物によっては人での研究データ他、公開に積極的な会社はほんとうに少ないのです。 これからの健康産業は情報公開も宣伝に使って「きれい事を言う」ところが伸びていってもらいたいですね。(もちろん真実の情報公開が原則です。)

 食品業界での一連のうそつき販売(原産地のごまかしなど)をみるにつけ「長いことやってきたんだろうな」と思わせる報道が毎日のようにある状況で、安保闘争(古い話で恐縮!)時のような熱いデモが起こらない消費者の冷めた態度が悪質販売業者をのさばらせます。 研究データがあっても動物実験だけで人でのデータがない場合もほとんどであり、あってもサンプル数が少なすぎて問題外の場合もあります。大事なのは人でのデータです。

科学的根拠、信頼できるデータのある健康製品は少ないのが現状だと思うのですが?

▼ サプリメント選びのポイント

1.原材料

  ●魚・・・ 生息領域の環境が魚の体内の汚染物質の濃縮に影響します。

  • どこで獲れた魚か、近海物か遠海物か、熱鉱床付近での棲息か?(熱水鉱床付近の海水は重金属が含まれているケースがある)
  • 生活排水が流れ込む近くで獲れた魚は汚染されている可能性が大、外海より内海(湾内など)は特に注意が必要

  ●動物 ・・・ 動物の健康は製品品質に影響する。

  • どのような餌で育てられたのか?抗生物質の投与の頻度は?
  • 動物にもストレスがある。ストレスが発散できない環境で育てられた鳥、豚、他動物由来製品は・・・?

  ●植物 ・・・ 植物の生命力はまず大地から。

  • 不健康な大地からは生命力あふれる植物は育たない。そのような植物からできるサプリメント製品は知れている。
  • 場所によっては酸性雨や残留農薬が植物の健康に影響がある。

  ●菌類 ・・・ 品質管理と製造技術がともなわないと結果の出るものは困難

  • 流行の成分名に惑わされないこと。
  • 人間でのデータは少ない。
  • 売れなくなるとビタミン、ミネラルを添加する製品が登場する。(ビタミンが不足している人が摂取すると良くなることがあるのでその製品でよくなったように勘違いするケースもある。)

  ●他 ・・・ 合成物質 ?天然物質?

  • 天然物質の利点はまだ現代の科学で分析できない有効成分が含まれている可能性が高い。 壊血病の治療で合成ビタミンCより天然ビタミンCがより有効である事実が物語っている。
  • 天然物質は吸収効率が高い。
  • しかし、天然が良くて合成が悪いと言うのは間違っていると思う。天然でも合成でも身体に害を及ぼすのがいけないという考えが大切。
        

地球上で健康的な植物、動物類、魚類が育つ環境は限られつつあります。情報公開を積極的に推し進める経営者がいる販売、製造会社かどうか調べましょう。

2.製造技術

  • 製造現場の衛生管理は重要(情報公開が必要)
  • 特許技術による製造とはいっても、価値ある特許かどうかは別問題。
  • 専門の製造会社がありそこからOEM供給を受け自社ブランド名で販売するケースが多い。包装が違うだけで他社からも同じ中身が販売されていることもある。もちろんこれが悪いわけではないがオンリーワン製品ではないし販売のための製品づくりが中心。製品の中身は知れている。

3.購入者の目的

毎日摂取するのか短期的に利用するのか?で選択の優先順位が変わる。

  • 毎日摂取する物は副作用のない安心、安全が優先。このハードルを越える製品は少ない。現在市販されている製品の安全性は摂取してみないとわからない物が多い。
  • 免疫を活性させる製品は基本的には長期的摂取は避けるべき。長く飲み続ける製品ではない。

4.人間での摂取データ

問題点;動物実験でのデータが多い。

  • 動物で効果がでても人間ではでないことが多い。やはり人間でどんな結果がでるか、民族や年齢、性別の違いも考慮したデータが大切。

5.理論

問題点;学会や学術誌による論文発表などで大変優れた「理論」もあります。

  • しかし、どの識者も肯定する素晴らしい「理論」があってもそれに関した製品として市場にでてくると何の変哲のない製品に仕上がっている物もあります。理論が優れているからと言って製品も優れているとは言えないのです。ここがポイントです。理論に踊らされないでください。難しい内容をできるだけやさしくしようと努力していることが誠実な企業を見分けるポイントの一つです。なぜなら購入者が理解できないうちに難しい理論を振りかざしてそのスキに買わせようとするからです。

6.健康に関して真摯な態度の会社か?

問題点;売るための製品づくりは「名が知られてきた成分」の混ぜ物が多い。

  • 品質の悪い製品で健康どころか、逆に病気になったり、死んだりするケースがあります。例;10年近く愛用していたC国のにんじん茶で片目を失明した方がいます。 調べたところ重金属がでてきました。自分たちで愛飲するわけではないので細かいことにはこだわらないのでしょう。被害を被った日本のお年寄りはあわれです。         

7.価格

問題点;高いのはいくら良い製品でも家計を圧迫。

  • まして予防としての健康維持には続けられない。しかし価格が安い物も何かからくりがありそうで不安。(合成物が多い)合成ビタミンは石油から作られる。安いものには安いなりの理由がある。今の中国産のサプリメントは避けましょう。どういう状態の原料とどういう環境での製造か、まだまだ信頼性は低い。情報公開をしている会社がまず考慮する優先順位の上位です。         

8.経営者の理念

問題点;原価を下げるために品質を平気で犠牲にする考えの人がいる。

  • 儲かってくると社会的義務を果たさない人がいる。(脱税など)

▼ サプリメントの分類

○日本健康・栄養食品協会により規格基準の設定されている栄養補助食品より

 たんぱく質類

たんぱく食品、たんぱく酵素分解物食品、牡蠣抽出物食品、鯉抽出物食品、しじみ抽出物食品、緑イ貝食品、スッポン粉末食品

 糖 類

グルコサミン食品、オリゴ糖類食品、食物繊維食品、キトサン食品、ムコ多糖、たん白食品

 脂質類

イコサペンタエン酸(EPA)含有精製魚油食品、ドコサヘキサエン酸(DHA)含有精製魚油食品、ガンマーリノレン酸含有食品、月見草油、スッポンオイル食品、大豆レシチン食品

 ビタミン類

米はい芽油、小麦はい芽油、大麦はい芽油、はと麦はい芽油、ビタミンE含有植物油、ビタミンC含有食品、ベータカロテン含有食品

 ミネラル類

カルシウム食品

 ハーブ等植物

 成分等

オタネニンジン根食品、エゾウコギ食品、梅エキス食品、プルーネキス食品、キダチアロエ食品、アロエベラ食品、麦類若葉食品、まこも食品、アルファルファ食品、はい芽食品、緑茶エキス食品、ギムネマシルベスタ食品、ガルシニアエキス食品、大豆サポニン食品、大豆イソフラボン食品、にんにく食品、イチョウ葉エキス食品

 きのこ類

シイタケ食品、マンネンタケ(霊芝)食品

 発酵微生物類

乳酸菌(生菌)利用食品、酵母食品、植物発酵食品、植物エキス発酵飲料、ナットウ菌培養エキス食品

 藻類

クロレラ、スピルリナ

 その他

花粉食品(アクティブ花粉)、プロポリス食品
 ※オーガニックサプリメントに関して日本は北欧に比べて10年以上遅れています。

▼サプリメントには毎日食べても安全なものとそうでないものがある。

 サプリメント、栄養補助食品、健康食品といわれるものは、販売しているところが製造まで行っているわけではありません。ご存知だとは思いますが、化粧品の例で言えば国内で研究部門と製造する技術と工場を揃って持っている会社は20社前後と聞いています。今はどうかはわかりませんが。研究部門をのぞくとその十倍ぐらいの会社数になりますが、そこから相手先ブランドでの販売製品として消費者の手に渡ります。本当に製造している会社はなかなか表にはでてきません。 

 サプリメントも似たようなもので販売会社や製品名が違っても中身は同じところが作っていたり、まったく同じものであったりするのです。しかしそれが悪いと言うわけではありません。OEMといっていろんな業界で行われてきたことで正当な販売流通形式です。研究開発、製造力はあるが販売力は弱い。販売力はあるが製造する技術はないなど、お互いに弱い部分を補いながらの販売量、利益を確保する努力をしています。

 しかし、その製造において良心的ではない内容があることも事実のようです。一時期の中国製のダイエットサプリメントによる死亡者まで出した健康被害は記憶に新しいと思います。そこまでいかなくても利益のために内容成分は少しでそれを固める増粘剤の量のほうがはるかに多く、まるで増粘剤を食べているような健康食品もあると言われています。それがアレルギーの原因になっているケースも指摘されていて、やはり情報公開を積極的に行っている会社を選ぶことは今や製品選択の重要な条件の一つです。

■ サプリメントの分類

健康食品の目的別分類は大雑把にわけて以下のようになります。(あくまで私の考えです)

  1. 栄養を補助する目的の製品
  2. 免疫を活性化させる目的の製品と免疫枯渇現象にも対応した製品
  3. 活性酸素を消去する目的(SOD様食品など)の製品
  4. 腸内細菌対応食品
  5. 糖鎖対応食品
  6. 以上の複合的な役目をもった製品

@栄養を補助する目的の製品

 健康の維持に使用するのか病気改善に使用するのかで選択のポイントが絞られます。 健康維持は食生活が基本ですからその改善が難しいときに文字どおり補助として利用してください。知ってていただきたいのは、ビタミン・ミネラル類は何か一つとればいいのではなく、それらは相互に関連して本来の力を発揮するので少しずつでも種類が多く含まれているほうが一般的にはお勧めします。ビタミン過剰症が問題視されています。

A免疫を活性化させる役目の製品

 免疫活性化(免疫力を上げる)が目的の製品は健康維持の目的ではあまりおすすめできません。病気の方で免疫力が下がっていて一時的に短期間で上げる目的ならまだしも長期の免疫活性健康食品の飲用は免疫力の疲弊を招きやすいのです。免疫力に関しても本来は食生活など生活習慣の改善から始めるべきで安易に健康食品に頼りすぎると免疫力の「枯渇現象」を招くことにもなりかねません。

 キノコ系の健康食品で一旦回復した方が数年後再発最悪は・・・ということはよく聞く話です。最近の研究では、キノコ系食品の摂り過ぎによる心臓に与える悪影響も懸念されています。

▼皮膚と免疫のほんとうの知識はこちらへ >>

B活性酸素を消去する役目(SOD様食品)の製品

  現代は、過酸化環境の中で生活していることが多く必然的に身体の中での活性酸素の発生は多いのです。紫外線や、汚染された空気、加工食品のとりすぎによる間違った食生活、そしてもっとも現代人を悩ましていると言われるストレスなど、積極的に活性酸素を消去することを考えなければならないようです。しかしながら体内において活性酸素はなくてはならないものなので上手な活性酸素との付き合いと多すぎる分の上手な消し方が望まれます。

 ※活性酸素とは代表的な数種類の活性化した酸素の総称です。数種類あるということは、消去するにも基本的にその数だけ消去物質が必要なのです。   

▼ 活性酸素の深い知識はこちらへ >>

C腸内細菌対応型食品

  腸内細菌は人が生まれてきた瞬間からその細菌叢の形成がはじまり、人の死によって菌との共生が終わります。近年、腸管免疫は非常に大切なことが研究で明らかになっており、腸内環境をその人にとって正常な状態にしておくことは食事から得られる栄養素の消化吸収や排泄などの人が生きていくうえで必要な一連の作業になくてはならない、いわば友人なのです。腸内細菌環境が良くなければどのようなサプリメント、健康食品、薬を飲んでもその効果は著しく低下します。病気の人の便のにおいが異常にくさいのは腸内環境が悪いためです。

 ※便秘は身体の中に生ごみを保管しているようなものです。体温は36〜36.5℃前後、考えてくみてださい夏の気温はこれより低い30〜35度、その部屋の中で生ごみを処理しなかったらどういう状況になるか、考えてみただけでも臭そうです。健康の第一歩は便秘解消からと言えるのでは・・・。

 ▼ 腸内細菌の知識はこちらへ >>

D糖鎖対応食品

人の最小構成単位である細胞は、細胞間の連絡にその表面からアンテナのようにでている糖鎖というものを利用しています。

 糖鎖を形作る単糖類は自然界に約200種類あると言われていますがそのうち8種類が人の細胞にとって重要であると近年の研究からわかってきました。古い栄養学の本にはグルコースとガラクトースのみしか掲載されていませんが現代の食品にはこれ以外が含まれていることは少ないようです。昔は完熟したものを収穫した直後食していたので完熟しないとできない栄養を摂取することができました。現在は完熟する前に収穫し消費者への流通に乗りますので栄養価の目減りしたものを食べていることになります。残り6種類のうち一部は体の中で複雑な過程を経て作られるものもあるようです。不足する単糖類8種類を中心に栄養を補おうとするものがこのサプリメントです。Eの複合製品を含め、目的とふところ具合で納得する製品を選んでください。

 ちなみに弊社に以前健康食品の販売をすすめるために一方的に価格表を送ってきた会社がありましたが、科学的根拠を感じない製品の一覧表で、その仕切り価格はほとんどが20〜30%でした。その品質はその仕切り価格から大体想像がつきます。もちろん仕切りが高ければ品質が良いとは限りませんが、品質が良いものは製造コストも高くなるので仕切り価格に跳ね返るのはある意味当然でしょう。

 日本の健康食品は特に「天然成分でできているから副作用はない」との触れ込みで安心という業者もいますが、天然であろうと合成であろうと身体に悪いものはありますので、副作用がないとは言い切れません。まして人の身体は千差万別、100人いれば100様の体質があると言ってもよいと思います。民族の違い、食生活の違い、住環境の違い、遺伝など、とりあえず頭に入れておく必要がありそうです。科学的根拠がありそして品質が高く、できれば安価なサプリメントに出会うことをお祈りいたします。

▼ 知ってますか?糖鎖の知識はこちらへ >>

● 最後にサプリメントの必要性を感じたら購入の前に以下のサイトを見てから選んでも遅くはありません。

▼ 健康食品安全性有効性情報サイトは こちら>>

▼ 健康食品中毒百科はアマゾンで購入できます。 こちら>>

▼ お勧め、スウェーデン発のアクティブ花粉エキス。女性のための最高級サプリメントは、 こちらから >>

アマゾンドットコム

優良リフォーム業者 最大8社ご紹介[ホームプロ]

水と健康/電解還元水専門の優商

日高健康管理士office水の豆知識水の正しい飲み方還元水って何還元水どっとこむ花粉サプリメント水と健康ブログネットビジネス特商法表記
Copyright(C) 1999- youshou.cside.com All Rights Reserved. powerd by わかりやすい!?水と健康